MENU

Brillia一番町

My video


継ぐ

番町エリアでも
皇居に至近の 「一番町」
一番町から六番町までのアドレスで構成されている千代田区番町。
なかでも「一番町」は皇居の西から四谷まで広がる番町エリアの中でも皇居に近いポジショニング。
江⼾以来の町割の残る、千代田区番町エリア。
計画地は、当該エリアでは希少な三角角地。
江戸時代、江戸城を警護する「大番組」所属の旗本が居住する街として、その名のついた「番町」。屋敷町として整備された町割は、京間六十間(約120m)四方の正方形を街区の一単位とするもので、これらが整然と並べられていました。この町割が継承された当該エリアにおいては、三方向を道路に囲まれた本計画地は希少です。

名だたる文学者、芸術家が愛した、
アカデミックなストリート
「番町文人通り」

明治に移ると、国の主要機関への足回りの良さから、広大な屋敷跡地には華族や政財界の要人、高級官僚や軍人らが邸宅を構えた。そんな格式ある雰囲気に惹かれてか、明治以降は、多くの作家・文化人がこの町を愛した。永井荷風や泉鏡花、島崎藤村、武者小路実篤、与謝野晶子らが居を構え、優れた芸術文化が発信されていった。

  • 与謝野晶子
    明治11年生まれ。『明星』主宰者の与謝野鉄幹と結婚、『みだれ髪』を世に問う。夫婦で番町を愛し、番町文人通り内で転居を繰り返した。
  • 島崎藤村
    明治5年生まれ。浪漫主義詩人として出発し、小説『破戒』で自然主義文学の先駆者に。番町には昭和12年に転居。
  • 泉鏡花
    明治6年生まれ。尾崎紅葉に師事、謡曲や浄瑠璃に影響を受け独自の観念世界を開く。代表作に『高野聖』『婦系図』など。
  • ※掲載の分数は地図上で測定した距離を基に(80m/分)算出し、端数を切り上げたものです。(2017年10月現在)
  • ※掲載の環境写真は2017年4月、6月に撮影したものです。